KIKOE×情報

補聴器が医療費控除の対象に|確定申告でいくらくらい戻ってくるのか?

こんにちは、KIKOE LIFEです。

医療費控除とは、治療費や医薬品代など、医療にかかった様々な費用が合算で10万円を超えた場合に、確定申告で申請することで税金が軽減される制度です。2018年度から補聴器の購入費用も医療費控除の対象になりました。

申請したら ぶっちゃけどれくらいの金額が戻ってくるの?

今回は、医療費控除の払戻金がいくらくらいになるのか、簡単に計算できるツールをご紹介します。

医療費控除を受けるための流れ

①まず補聴器相談医を受診します。医療費控除を受けたい旨を伝え、必要な問診・検査を受けます。

②次に補聴器相談医に「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」を作成してもらいます。

「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」の5項にある補聴器を必要とする主な場面(□医師等による診療や治療を受けるために直接必要)の□に必ずチェックを入れてもらってください。これが医療費控除を受けるために必要な項目になります。

③補聴器販売店に行き、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」を提出します。試聴レンタルをしながらじっくりと機種を決定し、補聴器を購入します。

④「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」の写しと補聴器の領収書を受け取り、当該年度の確定申告で医療費控除対象として申請します。

詳細については、日本耳鼻咽喉科学会ホームページを見てくださいね

払戻金の簡単な計算ツール

「医療費控除 シュミレーション」などのワードで検索すると、医療費控除をどれくらい受けられるのかシュミレーションできるサイトがでてきます。

アイデンタルクリニックのサイトでは☟のような感じです。

例えば、200,000万円の補聴器を購入、その年の総所得金額は1,000,000円、保険金などで補填される金額が0円の場合、☟のように入力します。

入力できたら、「医療費控除額を計算する」ボタンを押すと、☟のように払戻金額が表示されます。

総所得金額とは支払い給与のことではなく、課税所得額のことです。課税所得額給与所得控除後の金額-所得控除の合計で計算できます。給与所得控除後の金額と所得控除の合計は、源泉徴収票に記載されています。

住宅ローン控除を受けているなどの諸条件により、実際の金額とは異なることがあります。この計算ツールは払戻金の目安を知るための参考程度と考えてください。

保険見直し本舗のサイトもとてもわかりやすいよ☺

さいごに

補聴器はとても高価な物であるため、医療費控除などの制度を活用して、少しでも費用面での負担を減らすことができたらいいですね☺