KIKOE×モノ

学校や職場で自分が聞こえにくいことを、周囲にどう伝えるか?

こんにちは、KIKOE LIFEです。

音や言葉による情報が当たり前に得られる聴者にとって、聞こえにくさがあるとどのような場面で困るのか、どんな工夫があればそれらが軽減されるのかはなかなかイメージがつきにくいものです。そのため、聞こえにくい当事者自身から、「自分が周囲にどうしてほしいのかを具体的に提案する」ということがとても大切になります。

ただ、聞こえにくさを周囲に理解してもらうことはとてもハードルが高いことでもあります。「伝えても何も変わらなかった」とか、「伝えた後しばらくは工夫してくれたが、すぐに元に戻ってしまった」など、多くの方が経験されているのではないでしょうか。

聞こえにくさに対して周囲に理解してもらうための確実な方法はなかなかないのが現状ですが、「これがダメなら次はこの方法でいってみよう」という手段の数は多く持っておくに越したことはないと思います。

今回は、聞こえにくさを周囲に伝える一つの手段として、具体的な提案についてわかりやすくまとめたミニ手帳を作ってみました。よければ下記のものを印刷したり、自分に合うようにアレンジしたりして使ってみてくださいね。

完成版

大人向きと子ども向きの2バージョン作ってみました。これでよければ、印刷して使ってくださいね。

余白のページは名前を入れたり、自由に使ってくださいね。

これを最終的に折ると、☟のようなミニ手帳ができあがります。

作り方

これを作る時に参考にしたのは、NTT作成の「お願いカード」です。

カードの作り方は電話お願い手帳のご利用方法に動画付きで詳しく載っていますので、こちらも参考にしてください。

印刷してから切る

A4の紙に印刷します。

印刷する紙ですが、インクジェットプリンタ用紙の「写真入り文書用」を使うと綺麗に印刷できます。厚みも普通の用紙と同じくらいなので折りやすいです。写真用紙やマット紙などを使うともっと綺麗に印刷できるのですが、厚みがある分折りにくいです。

赤線部分に沿って切ります。
周囲の余白を切りました。
線に合わせて折り目をつけます。折り方は電話お願い手帳のご利用方法を見てくださいね。
真ん中に切り込みを入れます。
切り込みをいれたものがこちらです。
切り込みを入れる場所も電話お願い手帳のご利用方法を見てくださいね。

折って仕上げる

あとは折るだけです。折り方も電話お願い手帳のご利用方法を見てくださいね。折った後の完成版はこちらです☟

表紙
1ページ目
2ページ目
3ページ目
裏表紙
表紙
1ページ目
2ページ目
3ページ目
裏表紙

使い方

難聴の子が高校に入学する時に、自身の聞こえや周囲に協力してほしいことなどについて、自分で冊子にまとめて、自己紹介の時に発表したという話をその子のお母さんから聞いたことがあります。実際にその冊子も見せてもらいましたが、写真やイラストを使ってとてもわかりやすくまとめてありました。

このミニ手帳も、例えば学生さんなら入学や進学時に新しいクラスメイトに配るというのも一つかなと思います。社会人の方も、同僚や上司に渡したり、名刺と一緒に渡すこともできると思います。

あとは、状況に応じてよく使うフレーズを各ページに書いておいて、必要に応じてそのページを相手に見せるという使い方もできると思います。例えば、外食する時に定員さんに見せるページとか、受診する時に受付に見せるページなどのようなイメージです。

市販品のヘルプマークを付けている方は、裏側部分にあるポケットに入れておくのもいいかなと思います。

色んな使い方ができると思うので、自分に合う形でアレンジしてみてくださいね。ミニ手帳のいいところは、必要な提案が簡潔にまとめてあるので、もらう側も読みやすいし、頭に残りやすいかなとも思います。

さいごに、無地のテンプレートも載せておくので、よければ活用してくださいね☺