人工内耳

年齢別&都道府県別|人工内耳の手術件数はどれくらい?

こんにちは、KIKOE LIFEです。

1985年に日本で初めて人工内耳の埋め込み術が行われて以降、年々装用者数は増えています。今回は、厚生労働省が公開しているNDBオープンデータ(診療情報の集計データ)をもとに、人工内耳の手術件数を年齢別&都道府県別にグラフ化してみました。

人工内耳埋込術の件数

NDBオープンデータ(診療情報の集計データ)は2021年9月現在、2014~2019年度までのデータが公開されています。

NDBオープンデータは、年間10件未満はカウントされません

年度別に比較

手術件数を年度別に比べると、図①のとおりその数は年々増加していることがわかります。

図① 手術件数(総数)

構成比で比較すると、図②のとおり4歳以下の乳幼児と60代~70代の高齢者で人工内耳手術を受ける率が高いことがわかります。また、2014年と2019年を比較すると、20代~40代で手術を受ける人数も徐々に増えています。

図② 構成比

男女別にみると

いずれの年代も、男性より女性の手術件数が多い状況にあります。特に、男女差がほとんどない0~10代に比べて、20代以降では女性の方が年々増えていることがわかります。

図③ 手術件数(男性)
図④ 手術件数(女性)

都道府県別にみると

手術可能な病院数

人工内耳友の会ACITAホームページによると、人工内耳の手術ができる病院は2021年8月末時点で106か所あります。

図⑤ 手術可能な病院数

都道府県別 手術件数

人工内耳埋込術の件数を都道府県別に比較すると、東京都、大阪府、愛知県の順で多いことがわかります。

図⑥ 手術件数(都道府県別)

各病院の診療実績については、下図のようにホームページに詳しく掲載している病院もあります。

虎の門病院ホームページより引用
大阪大学医学部付属病院ホームページより引用

人工内耳手術件数や年齢内訳については、下記に詳しく載っているので参考にしてくださいね☺

一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会